最終面接がいまいち…しかし内定が

先日、ある会社の最終面接を受けてきました。

比較的小さな、典型的な中小企業といったところでしょうか。

面接には会社の規模が小さいゆえに、最終面接には社長も同席されていました。

個人的には入社の想いは高く、 最終面接で納得のいく手ごたえが得られれば入社を決意しようと思っていました。

ところが…なぜか、しっくりこない面接でした。

待遇、仕事内容、将来のビジョン。

自分自身の思っていた内容と、どこかズレていたのです。

いつもいつも、このパターンです。

もしかすると、私の理想が高いのでしょうか?

たしかに、社長のお話はすばらしかったのですが、それが部下や末端まで伝わっていないような印象を受けました。

率直にいうと、社長は理想的なビジョンを持っているのだけれども、

部下は悲惨な労働下で必死に働いているような…

そのような不安を感じました。

ただ、そんな不安を堂々と聞けるほどの度胸もなく、

ダークな疑問点は解消されないまま面接が終了してしまいました。

最終面接では疑問はすべてスッキリするまで聞いた方が良い。

そんなことはわかっていたのですが、マイナス評価を受けたりそれが原因で落ちてしまうかもしれません。

今回はそのような不安に押しつぶされてしまいました。

 

いつからか守りに入った転職活動

転職を開始した初期のころであれば、まだ自信もタップリあったので大丈夫だったとは思います。

しかし、幾度となく書類や面接で落とされ精神力を大幅に削られた今となっては、

そのような『攻めの転職活動』はできないほど弱っていたのです。

思えば、いつから『守りの転職活動』になってしまったのでしょうか。

最初のうちは…

面接まで呼ばれても条件が合わなければコッチから願い下げだ!

などと思っていたのですが、今では何かとビクビクしている気がします。

とまあ何はともあれ、スッキリしない最終面接が終わりました。

そして一番の問題は、これからの行動をどうするかといったことです。

別に落ちてもいいかも。

正直そんな気持ちはありました。

ただ同時に、他は2次面接を控えている手駒1つだけなので、もうココで決めたいという思いもありました。

翌日、なんだかんだと考えているうちに仲介業者より結果連絡の電話がありました。

結果は…

内定!

転職活動を始めて初めての内定でした。

『今回はご縁がなかったということで』やら…

『今回は採用を見送らせていただきます』といった言葉は聞き飽きるぐらい聞いたのですが、

内定の連絡はなんといいましょうか… 慣れていなかっただけにものすごい衝撃でした。

頭の中が真っ白になって、何かがパサーと弾けたような心地よくも気持ち悪くもない爽快感を感じました。

また、自分自身の心拍数が上がっていくのもわかりました。

大方の話を聞き終えまして、内定の返事は3日以内にとのことがわかりました。

さすがにすぐに返事できるような事でもありせんので、とりあえずその日はそれで電話を終えました。

心の心境はものすごく複雑です。

シックリしなかった最終面接、しかし残る手駒は2次面接一つ。

2次面接なので最終面接ではなくあくまでも2次の面接です。

仮にこの機会を逃してその2次面接にも落ちてしまいますと、再びゼロからのスタートになりかねません。

そんな中、まず初めに私が行動したこと。

それは、とりあえず現状を整理してみようと思いました。

何が不安なのか?

それをハッキリしようと思いました。

不安なこと…

職場の雰囲気が社長の内容とは異なっている可能性が高い。

給与面など待遇に関する話が曖昧。

ものすごく褒め殺しの最終面接で、持ち上げるだけで面接が終わった。

職種と勤務地が、どうやら希望と違うらしい。

仕事内容が曖昧、ただスキルはいらないとのこと。

ズラズラといとも簡単に書き綴ることができました。

…正直、途中から自分でもわかっていました。

ここまで不安がズラズラと出てくる時点で、本当はこの会社に行きたくないのだなと。

次の職場でやっていけるどうかが不安、などの漠然とした不安ならまだしも…

具体的で確実に存在する不安がある時点でダメなのです。

ものすごく悩み続けて悩んだ結果、やはり内定を辞退しようと決意しました。

持ち駒…2次面接が一つです。

それでも、やはり後悔はしたくなかったのです。

内定の連絡を受けて2日後、辞退の連絡をしました。

とりあえず、平謝りと低姿勢を忘れず、ヘコヘコしながら電話をしました。

電話を切ると、またどうしようもない不安が襲ってきました。

明日からの仕事の気力は起きないですし、さすがに精神力も限界でした。

納得のいく転職なんて本当にできるのか?

この内定辞退は本当に正しかったのか?

いろいろと悩みは尽きませんが、とりあえずふて寝して翌日の仕事に備えました。

 

前へ 一覧 次へ

管理人:緑茶が好きな人

社会人になってからいろいろありました。

転職活動はかなり苦戦しましたが…

今は平和な日々を送っています。

あのまま転職せずにいたら今頃はきっと…

オススメリンク
人気ページランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動体験記

携帯の料金がバカにならない

精神的に限界がきた日

転職活動を開始すると仕事が楽に

似たような求人票に絶望する

初めての応募、そして書類選考落ち

はじめての面接…だがブラックっぽい?

面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる

理系職種から文系職種へトライ

もう休みの口実が思いつかない

最終面接がいまいち…しかし内定が

再び同日面接を受けることに

勝負に出た同日面接の最中に

心が折れそうな面接にて

面接を捨てるべきか受けるべきか

持ち駒を増やすべきか否か

意外なところから最終面接に

最終面接、天国と地獄を味わう

期待していた最終面接に落ちて途方に暮れる

予想外にやんわりとした最終面接

あっけなく内定、迷いながら承諾

退職が決まってから見える人間模様

最終出勤日の業務

退職手続きを終えて会社を出ると

退職後、帰路にて

退職後はじめての週末

激務から解放されたと実感する

昔の職場に戻された悪夢を見るとき

転職活動体験記の全記事一覧へ

転職活動で感じたこと

転職活動で感じたことの全記事一覧へ

ピックアップ記事
転職活動に疲れたときに見るサイトアメリカ人サラリーマンとの違い【営業電話編】

日本人サラリーマンとアメリカ人サラリーマンとの違いを紹介した動画が最近話題になっています。タイトルは… 「日本人サラリーマンvs.アメリカ人営業マン」内容はその名の通り、日本人のサラリーマンとアメリカ人の…<続き>

転職活動に疲れたときに見るサイトブラック企業社長「ブラック企業の作り方」

この動画は現役ブラック企業社長が、ブラック企業のあれやこれやを教えてくるとても興味深い動画です。 構成もなかなかおもしろく、スイスイと理解できる内容となっています。 また、動画の冒頭でブラック企業の定義を…<続き>

分刻み”監視”はパワハラ?

ネットを徘徊していましたら興味深いニュースを見つけましたので紹介したいと思います。 内容は何やらパワハラに関することなのですが、これがまたやや常軌を逸しているのです。 以下、原文一部抜粋。…<続き>

クルマに轢かれるタイミングで飛びだしてくる老人

街中をクルマで運転していて一番恐い存在、それは老人です。 もちろん、大半の老人は他の世代と大差なく何も問題ありません。 しかし中には、まるで狙ったかのように完璧なタイミングで轢かれに飛び出してくる老人がいます…<続き>

フリーターの現状に関する若者への周知・広報事業

動画アニメの内容は、大学を中退したフリーターや就職活動に苦戦している大学生が、 正社員として働くこととは何かを理解していくストーリーなのですが… 共感できるところもあればアレッ?と思うところもあります…<続き>

最終面接、天国と地獄を味わう

予想外の最終面接の案内をもらい、私はとても有頂天になっていました。 気分も晴れやかになり、普段の業務も心なしか気楽になったように思います。 そんな最終面接案内の内容を見てみると、どうやら最終と銘打ってはいるのですが…<続き>

コラム

世の中や日常生活で感じることを綴ったコラムの全記事一覧へ