食生活の大切さを実感する

社会人になってから、とにかく買い食いが増えました。

朝飯を買い、昼は社員食堂、そして夕飯は買い食い。

会社の食堂以外の食事はすべ、コンビニやスーパーで済ますのがあたりまえになりました。

外食自体は実家通いの学生時代にも珍しくなかったのですが、

実家を離れて社会人になってからは徐々に頻度が増えていき、

気づけば外食以外の選択肢がなくなるほど恒常化していました。

ただ、やはりコンビニの飯というものは体に良くないようですね。

初めの半年くらいは気にならなかったのですが、 さすがにずっとコンビニ弁当の生活をしていると、

何か味覚が麻痺していくような気がしました。

そして、長期休暇などで久しぶりに実家へ帰って炊きたてのご飯を食べたとき、

あまりのおいしさに感動しました。

こんなときに泣きそうになったという経験は、きっと私だけじゃないはずです。

そして同時に、普段の生活に虚しさを感じるようになりました。

かといって、どうしようもない状況につくづく絶望しました。

周りの友人にも相談しましたが、まあたいした成果はありませんでした。

実家のご飯がうまい?それじゃあ自炊すればいいじゃん(笑)

いったいどれほど、そんな無責任な言葉を聞いたかわかりません。

早朝、日も昇っていない時間帯に家を出て、 日付が変わることに帰宅する生活。

この生活のどこに自炊する時間があると...。

自炊する時間があるなら寝たい…常にそう思っていました。

 

これ以上、コンビニ飯を食べたくないと思うように…

さらに、一度実家に帰省してからコンビニ弁当に違和感を覚えてからは、

食事に対するストレスがものすごく増えるようになりました。

なぜならば、コンビニ飯は健康に悪いかもしれないと思うようになってからは、

コンビニでの買い食い自体にストレスを感じるようになったからです。

ああ…今日もこれでまた不健康になっていく

そんな思考になってきたのです。

気にしていなかったときはどうでも良かったのですが、

一度気にしてしまうとなかなか気持ちを切り替えることができないものですね。

まさに、知らぬが仏です。

しかしながら、激務ゆえにどうすることもできない状態。

何とかしたい、でも本当に時間がない。

このジレンマは、ものすごいストレスでした。

体重にしても体脂肪にしても、かつてないほど増えました。

まあ実際、わずか一年ほどで、15kg以上も太りました。

一年で15㎏です、まさしく異常事態です。

しかし、こんな私に対して職場の上司は非情でした。

お前…太っているということはまだまだ働き足りないな(笑)

こんなことをしばしば言われ続けました。

殺意に似た苛立ちを感じましたが、それよりも何だか虚しくなりました。

また、日々太っていく体に、昔着ていた服は次々に着れなくなっていき、

ついには着れる服はコートなどの上着だけになりました。

加えて下腹とアゴ下、 それに脇や股などにかつてないほどブヨブヨした脂肪が目立つようになりました。

頭がクラクラするくらい働いて健康を徐々に害していき、見た目は日に日に醜くなっていく。

そんな自分が、ものすごく嫌いになりました。

いつしか鏡を見なくなったので、久しぶりに自分の姿を見たときなどは、

ものすごくやるせない気持ちになっていました。

自分の鏡を見る機会といったら、たいていは電源の入っていないPC画面か、

黒の冷蔵庫に反射した自分の姿でした。

黒の冷蔵庫に反射した自分の姿は、 反射物が黒いでしょうか…

年齢以上に老けていて、みすぼらしく見えました。

このブタ誰だよ…

よく、自分を見て思ったものです。

学生時代に描いていたカッコいい社会人生活。

現実はブクブクと太り馬車ウマのように働くだけの生活。

直感的に、このままでは何かマズイことになると思いました。

 

次へ

管理人:緑茶が好きな人

社会人になってからいろいろありました。

転職活動はかなり苦戦しましたが…

今は平和な日々を送っています。

あのまま転職せずにいたら今頃はきっと…

オススメリンク
人気ページランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動体験記

携帯の料金がバカにならない

精神的に限界がきた日

転職活動を開始すると仕事が楽に

似たような求人票に絶望する

初めての応募、そして書類選考落ち

はじめての面接…だがブラックっぽい?

面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる

理系職種から文系職種へトライ

もう休みの口実が思いつかない

最終面接がいまいち…しかし内定が

再び同日面接を受けることに

勝負に出た同日面接の最中に

心が折れそうな面接にて

面接を捨てるべきか受けるべきか

持ち駒を増やすべきか否か

意外なところから最終面接に

最終面接、天国と地獄を味わう

期待していた最終面接に落ちて途方に暮れる

予想外にやんわりとした最終面接

あっけなく内定、迷いながら承諾

退職が決まってから見える人間模様

最終出勤日の業務

退職手続きを終えて会社を出ると

退職後、帰路にて

退職後はじめての週末

激務から解放されたと実感する

昔の職場に戻された悪夢を見るとき

転職活動体験記の全記事一覧へ

転職活動で感じたこと

転職活動で感じたことの全記事一覧へ

ピックアップ記事
転職活動に疲れたときに見るサイトアメリカ人サラリーマンとの違い【営業電話編】

日本人サラリーマンとアメリカ人サラリーマンとの違いを紹介した動画が最近話題になっています。タイトルは… 「日本人サラリーマンvs.アメリカ人営業マン」内容はその名の通り、日本人のサラリーマンとアメリカ人の…<続き>

転職活動に疲れたときに見るサイトブラック企業社長「ブラック企業の作り方」

この動画は現役ブラック企業社長が、ブラック企業のあれやこれやを教えてくるとても興味深い動画です。 構成もなかなかおもしろく、スイスイと理解できる内容となっています。 また、動画の冒頭でブラック企業の定義を…<続き>

分刻み”監視”はパワハラ?

ネットを徘徊していましたら興味深いニュースを見つけましたので紹介したいと思います。 内容は何やらパワハラに関することなのですが、これがまたやや常軌を逸しているのです。 以下、原文一部抜粋。…<続き>

クルマに轢かれるタイミングで飛びだしてくる老人

街中をクルマで運転していて一番恐い存在、それは老人です。 もちろん、大半の老人は他の世代と大差なく何も問題ありません。 しかし中には、まるで狙ったかのように完璧なタイミングで轢かれに飛び出してくる老人がいます…<続き>

フリーターの現状に関する若者への周知・広報事業

動画アニメの内容は、大学を中退したフリーターや就職活動に苦戦している大学生が、 正社員として働くこととは何かを理解していくストーリーなのですが… 共感できるところもあればアレッ?と思うところもあります…<続き>

最終面接、天国と地獄を味わう

予想外の最終面接の案内をもらい、私はとても有頂天になっていました。 気分も晴れやかになり、普段の業務も心なしか気楽になったように思います。 そんな最終面接案内の内容を見てみると、どうやら最終と銘打ってはいるのですが…<続き>

コラム

世の中や日常生活で感じることを綴ったコラムの全記事一覧へ