転職活動に疲れたときに見るサイト



面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる


1社目の会社はことごとく面接で落ちて数週間後、2社目の面接案内の連絡が来ました。
求人自体の立地条件、待遇はまずまずで、職種もほぼ希望通りです。
受けてみて、良さそうなら決めようかな。
そんな志望度合いの会社でした。
今回の面接時間は午前10時から開始でしたので、朝食も早々に面接へと向かいました。
外に出ると雨が降っており、青い傘をさしていったのを覚えています。
交通手段は前回はJRだったのですが、今回は私鉄に乗り会社へと向かいました。
通勤時間からは少し遅れた時間帯でしたので、比較的車内は空いており、
大学生や営業と思われるサラリーマンがちらほらと座っているくらいでした。
電車に揺られること十数分、会社最寄の駅に到着します。
時間は面接の40分ほど前。
駅から会社までは10分程度なので、いつものことながら少々早めに到着しました。
とりあえず会社の前まで行き、場所を確認した後は、駅の周辺をウロウロしていました。
コンビニに入っても良かったのですが、
気持ちに落ち着きがなかったので歩いているほうがマシでした。
とまあウロウロとしながら時間をつぶしていると、ちょうど良い時間になってきました。
そろそろ行こうかな。
あらためてネクタイと服装を確認し、先ほど過ぎた会社へと足を運びます。
その会社には守衛室があったので、面接を受けに来た旨を守衛に伝えました。
○○さんですね、このバッチをつけてお入りください。
そう言って渡されたバッチをみると、「GUEST」の文字が。
そうか、面接に来たのだったなとあたりまえのことを思いつつ、社内へと入りました。
社内に入ると、なにやら近寄ってくる人がいました。
○○さんですか?
はい、そうです。
あ、私人事部の○○と申します。本日は(以下略
と、社交辞令を済まし、そうそうに面接室へと案内されました。
面接へ向かう途中、チラッと他の社員の姿が見えました。
席と席の間隔はやや狭めで、皆がPCに向かって何かをしています。
まあ、だいたいはイメージどおりの光景でした。
面接場所に到着すると、案内してくれた人が、担当部署の人を呼びに行きました。
そして、やや年配の社員を連れてきました。
面接形式は2対1、人事部と担当部署の責任者、そして私の3人でした。
面接開始から数分は、ありきたりの質問が続きました。
なぜ転職したいのか?現在の仕事内容は?
なぜこの求人に応募したのか?
すべて想定内の質問でしたので、特に動揺することなく自然に回答しました。
正直なところ、面接の出だしとしては快調だったと思います。
次に、応募職種の仕事内容や待遇の話になりました。
この話題に切り替わった瞬間、頭の中でモヤモヤしていたあることが浮かんできました。
それは、この会社には退職金制度がなかったのです。
今のご時勢、退職金制度がない会社は珍しくないのですが、長く勤めようと思えば、
退職金制度はできればあってほしいものです。
それゆえ、この部分だけが頭にひっかかっていたのです。
仕事内容の話はスラスラと終わり、面接官から質問を受けました。
仕事内容や福利厚生に関して何か質問はありませんか?
正直、絶好のチャンスだと思いました。
退職金はなぜないのですか?などと唐突にこちらからガツガツと聞くわけでもなく、
あくまでも自然な流れで疑問を解決するチャンスがやってきたのです。
聞くべきか聞かないべきかを瞬時に悩んだ結果、結局退職金に関しては聞くことにしました。
やはり、モヤモヤを解決しないまま面接を終わらせたくなかったのです。
それでは1つご質問させていただきたいのですが(以下略
とりあえず、その場で考えられる最大限に謙虚な言葉を選びつつ、丁寧に質問をしました。
すると面接官は、スラッと答えてくれました。
退職金がないのは、私ども会社自体にフットワークがあるからなのです。
………?.....?
ふっとわーく?
何やら、よくわからない答えが返ってきました。
会社にフットワークがある。
パッと聞けば聞こえは良いが、
それは言い換えれば企業としての基盤がしっかりしていないのでは?
もしかして、いい歳になったら簡単に切られる?
そもそも、この場合のフットワークってなに?
やや頭がこんがらがりましたが、とりあえず深くは追求せずやんわりと質問を終えました。
まだ一次面接だし、これ以上の深追いはマイナス印象になると思ったからです。
振り返ってみても、この行動自体は正解だったと思いますし、問題はなかったと思います。
場が急変したのは、面接官の次の質問でした。
○○さんは弊社以外にこれまで、どのような求人に応募されていたのですか?
質問自体に変な意味はなく、典型的な質問の1つだったと思います。
ただ、私の回答がマズかったのです。
実は、私はその面接の時点で、他の企業の面接を1つもっていたのです。
先に2社目の面接案内が来たと書きましたが、実際は2つの会社の案内が同時にきたのです。
1日に2つの会社を併願する。
それ自体に別に問題はありません。
さらには、それを面接でいう必要もありませんし、
「今日別の会社の面接があるんです」なんて言ったところでプラスになることなどありません。
もちろんそのことは理解していましたので、
適当に流すつもりで「○○に応募したことがあります」と、
まるで過去のことであるかのように話しました。
すると面接官が、「それも今回の同じ○○系の職種で受けられたのですか?」
と聞いてきました。
この追加質問に対して、私はついつい本当のことを話してしまったのです。
私は、大学の専攻から初めて就いた仕事まで、完全に理系の人間です。
ですが、このとき受けていたもう1社の職種は、実は文系職だったのです。
つまりは、まったくの異業種異職種だったのです。
その行動自体には、妥協などの思いはなく、
ただ純粋に他の職種にも自分の可能性を見出したかった。
そのような思いしかありませんでした。
ところが、このことを面接官に伝えた途端に、面接官の顔が曇りだします。
えっ、現職は○○職なのに、なぜそのような仕事を…それは少しおかしくないですか?
なぜか、面接官はものすごくネガティブな質問を浴びせてきました。
「おかしくないですか」と思うのはあくまでもあなたの個人の価値観であって、
そんなことをあなたに言われる筋合いはない。
頭の中にそんな考えが浮かんだ時点で、
私自身もそのよどみだした雰囲気に良い居心地を感じなかったのでしょう。
私自身、初めは少し一般的ではないと感じたのですが、(以下略
あくまでも謙虚の姿勢を忘れることなく、
加えて相手の言動を非難することなくやんわりと回答を続けました。
すると面接官は「いや〜…おかしいなぁ〜」とものすごい悩んでいます。
さらには「いや、あなたが○○系の職種のみを受けてこられたのなら、
信頼して仕事を任せられたのだけれども、こうコロコロと違う職種を受けているのを聞くと…」
……?なにコイツ?
その言葉を聞いた瞬間、頭が沸騰するような苛立ちを感じました。
自分の別の可能性を探してみる、というのは、そこまで非難されることなのだろうか?
頭の中での自問自答が続きました。
しかしながら、まだ冷静さを保っていた私は、きっと自分の説明が足りなかったと思い、
その異職種を受けようと決意した敬意を簡潔に伝えました。
実際のところ、その異職種の仕事に対しても、まったく接点がなかったわけではなく、
保有している資格や知識などから一定以上のつながりはあったのです。
これ以上の内容はあまり覚えていませんが、
とりあえず、可能な限りの情報を相手に伝えたのは覚えています。
そして、それに対する面接官の対応が「まったく理解できない」の一点張りだったことも。
結局、初めのうちは快調に進んだ面接も、終わって見れば散々たる内容でした。
面接が終わったときの雰囲気で、これは落ちたなと確信しました。
とはいえ私自身の苛立ちも納まらず、
表面的に感情を出すことはなかったにせよ内心は怒りの頂点に達していました。
形だけの挨拶を面接官と交わし、スタスタと一目散に出口へと向かいました。
外を出ると雨はやんでおり、
というよりは雨が降っていたことすら忘れていたほどにイライラしていました。
そして電車の中で、会社に傘を忘れてきたのを思い出しました。
もう、踏んだり蹴ったりだ。
本当に、心からそう思いました。
もしかしたら面接官はあえてあのような態度を取り、
実は合格しているのではという淡い期待も浮かんでくるわけで、
頭は相当混乱しているようでした。
私が裸の王様なのか?それともあの面接官がクレイジーなのか?
非常にモヤモヤした思いを残しつつ、同日に予定をしていたもう1社の面接へと向かいました。
そう、事の発端となった異業種異職種の面接です。

《前  次》



 サイト製作のきっかけ
 サイト内の記事に関して







 リクナビNEXT
 リクルート社の公開転職サイト
 リクルートエージェント
 リクルート社の転職支援サービス
 マイナビ転職
 スカウト制度のある転職情報サイト
 [en]社会人の転職情報
 スカウト制度のある転職情報サイト
 "IT業界の勘違い"クリニック
 Dr.きたみりゅうじによるSEぶったぎり

         







 転職活動は在職中か辞めてからか
 やはり辞めてから活動すると不利なのか?


 
在職中の転職活動
 転職したいが在職中には時間がないというジレンマ

 本当に転職すべきがどうか
 まさに転職は諸刃の剣

 転職活動開始の壁
 転職活動は自助努力でやっていかなければいけない

 転職のリスク
 転職先はブラックボックスだけに

 転職活動は隠密に
 転職活動を他人に話してはいけない

 職場を離れられない人々
 サラリーマンなんて代わりはいくらでもいます

 転職支援業者というもの
 一人で活動するには限界がある?

 転職の目的は何ですか?
 人生に重みをおいていること

 悔いのない転職を果たすために
 転職者は補充要員なのか?

 心の余裕と転職活動
 転職活動には多大なエネルギーが必要

 転職では計画が大事…でも
 計画を立てたいが心のゆとりがない

 職場との決別
 将来自分が居ない職場に未練なし

 この項目をもっと読む



 食生活の大切さを実感する
 
社会人になってから、とにかく太りました

 午後5時30分に思うこと
 会社内での格差も無視できないものです

 転職活動をすると仕事が楽に
 会社に見切りをつけると仕事が楽になります

 似たような求人票に絶望する
 求人票なんて嘘ばっかりでうんざりする

 初めての応募、そして書類選考落ち
 お就職活動と違って選考落ちは辛いです

 はじめての面接…だがブラックっぽい?
 結局は転職者をこきつかおうとしている?

 面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる
 面接官は神様じゃない

 理系から文系職種へトライ
 理系というものに疲れました

 もう休みの口実が思いつかない
 休めないから転職するのに休まないと活動できない?

 最終面接がいまいち…しかし内定が
 悪魔のささやきか天使の微笑みか

 再び同日面接を受けることに
 就職活動と違って同日面接がつらい。。。

 勝負に出た同日面接の最中に
 泣きっ面に蜂...心が折れそうなとき

 心が折れそうな面接にて
 妖しげな言動や雰囲気には要注意?

 この項目をもっと読む



 いつの時代も若者はおかしい
 若者はいつの時代もおかしな存在です


 最近の若者はおかしいのか?
 本当はみんなおかしいのではないでしょうか


 仕事と寝るだけの生活
 サラリーマンなんて帰って寝るだけの生活

 ブラック企業という殺人者
 人生をジワジワと奪っていくブラック企業


 仕事が趣味の人々
 仕事人間は他人に価値観を押し付けるな


 ニートと労働環境
 働きたいけれども搾取はされたくない


 ダラダラリーマンの休日
 緊張の糸が切れた休日は...

 学歴社会と現実
 なんだかんだいって学歴による待遇格差は存在している

 サラリーマンは孤独
 サラリーマンと学生時代との交友は別物

 サラリーマンには余裕がない
 サラリーマンの厳しさは子供にはわからない

 フリーター・派遣社員は新時代の生き方
 以前はメディアによる持ち上げが本当にひどかった

 若者には夢がない?
 今の若者は夢を持たない


 就職活動に夢が持てない若者
 就職活動で夢を持つことなどできるのだろうか


 この項目をもっと読む その1
 その2 その3


 
面接なんてつまらない
 綺麗ごとと嘘だらけの面接なんていらない

 応募者だって面接官
 面接官と応募者は対等なのか?

 転職での圧迫面接
 圧迫面接は割り切って臨みましょう

 上から目線の面接官
 面接官は人生の先生ではない

 圧迫面接への対応
 圧迫面接は毅然とした態度で

 圧迫面接は堪える
 それでも堪える圧迫面接

 職場への人情を捨てる
 転職活動を始めるということは戦いの合図

 面接日時の確保
 在職中に平日の面接日時なんて確保できない

 面接での愚痴発言
 面接は単なる面接官との心理戦にすぎない

 つらいから転職する
 つらいから転職するという転職理由はNG?

 転職先の残業時間
 転職先の残業問題は死活問題

 休日面接がある企業
 企業に親切心なんてものがあるわけない

 面接を受けても…
 たいていの企業では内定までに複数の面接がある

 この項目をもっと読む



 
求人票の建前と本音
 求人票とは綺麗ごとのかたまりです

 求人票の信憑性
 求人票の内容と友人の話が違う

 求人票を見るとき
 となりの芝生は青くみえるものなのか?

 職務経歴書なるもの
 職務経歴書ってなに?

 幹部候補生
 幹部という言葉に胡散臭さを感じる

 企業は人手不足
 求人を出すということは人手不足

 不採用通知がきたとき
 就職活動のときよりも精神的な打撃が大きい

 不採用通知はつらい
 不採用がくると転職活動は振り出しに戻ります

 上司に退職を切り出す
 上司に退職を切り出すタイミング
(C)copyright -2018 -サイトポリシー-