転職活動に疲れたときに見るサイト


転職活動体験記

このページでは、自身の転職活動体験を書いていきます。
内容は主に、転職活動の軌跡と活動中の心境になります。

転職活動。
始めた当時は、結構簡単に決まって終わるんじゃないかと思っていました。
以前に比べて転職が盛んになってきているなどのメディアに踊らされて…
浮かれた気持ちで転職活動を始めました。
しかし始めてみると…想像以上に難しいものだと実感しました。

面接ひとつを例にしても、まったく時間が取れない。
かといって退職してからの転職活動は、一般的にはNGらしい。

何か矛盾していないか?
と思いつつ、転職活動を続けていました。
誰かに相談しようにも相手がおらず、
かといって巷の転職本にはありきたりの内容しか書いていない。
「何とか時間を作って面接を受けましょう」
…バカか?と思いながら転職本をベットになげた日もありました。
現実の転職活動は、そんなお気楽な転職本のようにはいかなく、
かなり泥臭いものとなりました。

書類選考にはよく落ちましたし、面接にも落ちました。
相性の良い面接官もいましたし、悪い面接官もいました。
受かったかもと思った面接に落ちて、終わったと思った面接に受かったこともありました。

そんないろいろな体験を、不定期更新でまとめていきたいと思います。
基本的には時系列に載せていこうかとは思っていますが、
更新の都合上、内容が飛んでいる場合があります。
不定期でそれらの間の内容もアップしていこうかと思います。

基本的な内容は日記のようなものですので、これといったアドバイスにはならない
とは思いますが、どこか共感してもらえる部分があればうれしく思います。



 サイト製作のきっかけ
 サイト内の記事に関して







 リクナビNEXT
 リクルート社の公開転職サイト
 リクルートエージェント
 リクルート社の転職支援サービス
 マイナビ転職
 スカウト制度のある転職情報サイト
 [en]社会人の転職情報
 スカウト制度のある転職情報サイト
 "IT業界の勘違い"クリニック
 Dr.きたみりゅうじによるSEぶったぎり

         






 食生活の大切さを実感する
 
社会人になってから、とにかく太りました

 帰ってから余暇30分の生活を続けて
 生きている心地のしない毎日、同じ毎日。


 夢で働いて現実でも働く
 仕事が夢にも出てくるようになりました


 午後5時30分に思うこと
 会社内での格差も無視できないものです

 毎日の日課
 帰宅が遅くても何かメリハリが欲しかった


 携帯電話の料金がバカにならない
 仕事で使う携帯が自腹で財布がツライ


 精神的に限界が来た日
 我慢の限界はある日突然にやってきます

 転職活動をすると仕事が楽に
 会社に見切りをつけると仕事が楽になります

 似たような求人票に絶望する
 求人票なんて嘘ばっかりでうんざりする

 初めての応募、そして書類選考落ち
 お就職活動と違って選考落ちは辛いです

 はじめての面接…だがブラックっぽい?
 結局は転職者をこきつかおうとしている?

 面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる
 面接官は神様じゃない

 理系から文系職種へトライ
 理系というものに疲れました

 もう休みの口実が思いつかない
 休めないから転職するのに休まないと活動できない?

 最終面接がいまいち…しかし内定が
 悪魔のささやきか天使の微笑みか

 再び同日面接を受けることに
 就職活動と違って同日面接がつらい。。。



 勝負に出た同日面接の最中に
 泣きっ面に蜂...心が折れそうなとき


 心が折れそうな面接にて
 妖しげな言動や雰囲気には要注意?

 面接を捨てるべきか受けるべきか
 同日面接は疲れます

 持ち駒を増やすべきか否か
 時間は取れないが持ち駒は増やしたい

 意外なところから最終面接に
 転職活動中には何かと突発的なイベントが

 最終面接、天国と地獄を味わう
 最終面接という名の正念場

 期待していた最終面接に落ち途方に暮れる
 最終面接に落ちるという恐怖・振り出しに戻る恐怖

 予想外にやんわりとした最終面接
 ゆるい面接と思えば圧迫面接で、逆を思えばまた逆に

 あっけなく内定、迷いながらも承諾
 本当に、転職活動とは縁との問題です。

 退職が決まってから見える人間模様
 退職が決まった人間には気を使う必要がない?

 最終出勤日の業務
 現実の最終出勤日なんてあっけないものだった

 退職手続きを終えて会社を出ると
 転職活動も終わるとあっけないものです

 退職後、帰路にて
 退職後始めてみる景色は

 退職後はじめての週末
 転職活動が終わったと実感する

 激務から解放されたと実感する
 激務から解放されたんだなと実感する

 昔の職場に戻された悪夢を見るとき
 転職しても、心の奥深くに刻まれたトラウマ
(C)copyright -2010 -サイトポリシー-