再び同日面接を受けることに

やっとの思いで得た内定を辞退した次の週。

元々持ち駒として持っていた2時面接の企業と、新しく応募していた企業の2つに対して面接の予約を入れました。

そして、企業側との日程調整の影響もあり、同日に面接を受けることとなりました。

ちなみに、以前に一度だけ同じ日に2つの面接を入れたことがありますので、 今回で同日面接は2回目となります。

時間帯は14時と18時にセッティングし、14時の方に第1志望の会社(2次面接)、

18時の方に第2志望の会社(1次面接)の予約をいれました。

そのときも気持ちとしては、14時の第1志望の会社に全力を尽くし、

第2志望の会社は様子見を含めて気軽に受けようといったところです。

また、肝心の休日に関してなのですが、強制的に有給を申請しました。

まあ、無理だったらその日に急病で休むだけでしたし、もう現職なんてどうても良い状態でした。

むしろその頃には、すでに他の社員からも何かおかしいと思われていましたので、

もしかしたら勘付いている社員もいたのかもしれません。

しかしながら、無駄なところで精神を消費したくはなかったため、

もう何も気にせずに面接日だけを見据えて過ごしていました。

そして面接日当日、転職活動で着慣れたスーツを着て面接会場へと向かいました。

ここで驚いたことが1つありました。

それは、14時の会社の所在地です。

これがまた奇遇なものでして、なんと転職活動で一番初めに受けた企業の近所だったのです。

求人票に記載されている住所が最初に受けた企業と同じ地区になっていましたので、

結構近いのなかとは思っていたのですが、実際は目と鼻の先だったのです。

再びココに来ることとなるとはと不思議な気持ちになりました。

以前はあの場所で、私の前に面接を受けたであろうと転職者とすれ違って面接前はあそこのコンビニで休憩して…

など過去の記憶がよみがえります。

まあ最初の会社は、面接の挨拶は無視されるは高圧的な態度を取られるわと 散々な結果に終わりましたが、

今回は面接をぜひとも成功させ、 転職活動の開始と終了をこの場所で終わらせてやろうと意気込みました。

初めの企業を受けたときに休憩したコンビニ… ではなく、その少し手前に置いてある自動販売機でお茶を買って、

しばらく気持ちを落ち着かせました。

その後、いつものように面接時間5~10分前に企業の中へと入り、内線電話で人事の方を呼び出しました。

今回現れたのは女性の方で、挨拶を早々に済ました後、 面接を行う部屋へと案内してくれました。

ちなみに今回の面接形式は、最初に1時間程度の筆記試験があり、その後に面接を行うといった形式です。

それゆえ、面接会場には誰もおらず、案内してくれた方が筆記試験の担当をするようでした。

世間話をしながらテストの準備をした後に筆記試験の説明があり、さっそく筆記試験がスタートしました。

試験科目は国語と数理であり、内容自体は社会人としては容易なレベルの問題でした。

この頃には、筆記試験も何回か受けていたので慣れたものです。

それゆえ、筆記試験自体はさほど問題なく終了しました。

しかしながら、これまでの転職活動での経験より…

転職活動における筆記試験は新卒時のSPI試験ほど重視されることはなく、ほとんどの合否は面接で決まる、

とわかっていました。

それゆえ、筆記試験の手ごたえに浮かれることなく落ち着いて面接を受けようと思いました。

筆記試験終了後、試験を担当してた方が人事と配属担当者を呼びに部屋を出ていきました。

そしてその間、私はこの場に待機しておくよう指示を受けました。

今更ながら、この女性は人事の人ではなかったのか?単なる事務? などと思いながら、面接担当官を待ちました。

 

唐突に面接時間を変更される事態が発生

面接が部屋を出て行ってから刻々と時間が過ぎていきます。

ところが、5分経とうが10分経とうが面接が来ないのです。

???と思いながら待っていると、先ほどの女性が戻ってきました。

そして、面接担当者は何やら会議が長引いているので、少し遅れられると伝えられました。

なんだそれ!面接者そっちのけで会議かよ!

と少々戸惑いつつも、今までにも業務を優先して面接を退けられた経験はありましたので、

またか…といった気持ちになりました。

所詮私はよそ者ですが、ちょっと面接者をないがしろにする企業が多いような気がします。

どこ企業でも、急な面接時間変更や長時間の待機が多すぎます。

さらに10分ほど待っていると、先ほどの女性が再び戻ってきまして、

面接官は結構な時間を遅れられるようなので、もしご都合のほどが悪いようでしたら、

改めてお越しいただいてもかまいませんがいかがでしょうか?

と言われました。

もちろん返答はNOです。

こちらがどんだけ苦労して平日の面接日時を確保してきているのかわかっているのか?

また…ダメなパターンが入りました。

いつものイライラモードです。

結局、どのくらい待てば良いのかを確認しますと、どうやら30分近くはかかるとのことです。

でもどうしようもないので、結局待つことにしました。

30分…アポなしの飛び込みならまだしも、事前に開始時間がわかっている面接に対してこの遅れは非礼です。

それとも、実はこれも面接の一貫で予期せぬ事態に対する反応を見ているのか?

いろいろな憶測が飛び交うほど、30分という時間はあまりにも長く感じました。

実際、18時から次の面接も控えています。

もちろん、同じ日にもう1社面接があるなどその場で言えることはなく、非常に歯がゆい気持ちになりました。

しかしながら、やっとの思いで進めた2次面接の機会。

加えて18時の会社よりも志望度が高かったこともありまして、ここはこの会社に賭けてみることにしました。

最悪の場合、次の会社を捨てることになってもこの会社に全力投球したいのです。

途中で、もしよろしければ外に出ていただいても大丈夫ですよ、と言われましたので、

すぐに戻りますと伝えてその会社を一旦離れました。

まだ面接すら始まっていないというのにとんだアクシデントが発生してしまいました。

 

前へ 一覧 次へ

管理人:緑茶が好きな人

社会人になってからいろいろありました。

転職活動はかなり苦戦しましたが…

今は平和な日々を送っています。

あのまま転職せずにいたら今頃はきっと…

オススメリンク
人気ページランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動体験記

携帯の料金がバカにならない

精神的に限界がきた日

転職活動を開始すると仕事が楽に

似たような求人票に絶望する

初めての応募、そして書類選考落ち

はじめての面接…だがブラックっぽい?

面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる

理系職種から文系職種へトライ

もう休みの口実が思いつかない

最終面接がいまいち…しかし内定が

再び同日面接を受けることに

勝負に出た同日面接の最中に

心が折れそうな面接にて

面接を捨てるべきか受けるべきか

持ち駒を増やすべきか否か

意外なところから最終面接に

最終面接、天国と地獄を味わう

期待していた最終面接に落ちて途方に暮れる

予想外にやんわりとした最終面接

あっけなく内定、迷いながら承諾

退職が決まってから見える人間模様

最終出勤日の業務

退職手続きを終えて会社を出ると

退職後、帰路にて

退職後はじめての週末

激務から解放されたと実感する

昔の職場に戻された悪夢を見るとき

転職活動体験記の全記事一覧へ

転職活動で感じたこと

転職活動で感じたことの全記事一覧へ

ピックアップ記事
転職活動に疲れたときに見るサイトアメリカ人サラリーマンとの違い【営業電話編】

日本人サラリーマンとアメリカ人サラリーマンとの違いを紹介した動画が最近話題になっています。タイトルは… 「日本人サラリーマンvs.アメリカ人営業マン」内容はその名の通り、日本人のサラリーマンとアメリカ人の…<続き>

転職活動に疲れたときに見るサイトブラック企業社長「ブラック企業の作り方」

この動画は現役ブラック企業社長が、ブラック企業のあれやこれやを教えてくるとても興味深い動画です。 構成もなかなかおもしろく、スイスイと理解できる内容となっています。 また、動画の冒頭でブラック企業の定義を…<続き>

分刻み”監視”はパワハラ?

ネットを徘徊していましたら興味深いニュースを見つけましたので紹介したいと思います。 内容は何やらパワハラに関することなのですが、これがまたやや常軌を逸しているのです。 以下、原文一部抜粋。…<続き>

クルマに轢かれるタイミングで飛びだしてくる老人

街中をクルマで運転していて一番恐い存在、それは老人です。 もちろん、大半の老人は他の世代と大差なく何も問題ありません。 しかし中には、まるで狙ったかのように完璧なタイミングで轢かれに飛び出してくる老人がいます…<続き>

フリーターの現状に関する若者への周知・広報事業

動画アニメの内容は、大学を中退したフリーターや就職活動に苦戦している大学生が、 正社員として働くこととは何かを理解していくストーリーなのですが… 共感できるところもあればアレッ?と思うところもあります…<続き>

最終面接、天国と地獄を味わう

予想外の最終面接の案内をもらい、私はとても有頂天になっていました。 気分も晴れやかになり、普段の業務も心なしか気楽になったように思います。 そんな最終面接案内の内容を見てみると、どうやら最終と銘打ってはいるのですが…<続き>

コラム

世の中や日常生活で感じることを綴ったコラムの全記事一覧へ