リストラ、倒産、パワハラ、コンプライアンス違反、ワーキングプア…etc.

近年、労働者を取り巻く環境は悪化の一途をたどっています。

これが一昔前であれば…

たとえ少しくらい状況が悪くても、耐えさえすればそれなりに明るい将来が保障されていました。

しかし、今の世の中ではどうでしょう?

飽くなき利益追求の傍ら、人件費は徹底的に削減され続け…

正直なところ、雇われのサラリーマンなどいつ使い捨てられてもおかしくない世の中になってしまいました。

また、ある統計によれば、大卒新卒者が入社後3年以内に辞めてしまう割合は3割を超えており、

高卒新卒者に至っては5割、中卒新卒者に至っては7割が辞めてしまうといった結果が出ています。

俗にいう新卒後の7・5・3というやつですね。

この統計結果に対して、反射的に若者を批判する人はいつの世にも大勢いるとは思いますが、

私は若者を批判したところで、何も問題は解決しないと思います。

これらの結果があらわしているのは、若者の忍耐がなくなってしまったのではありません。

明らかな価値観の変化をあらわしています。

もはや、労働者が何も考えず企業へ勤める時代は終わったのです。

滅私奉公の精神で働くのではなく、会社は自分に何をしてくれるのかをしっかりと考え、

最適な環境で働かないといけない時代になったのです。

会社のために働くのではなく自分のために働く。

そのような価値観が浸透してからでしょうか。

最近は転職に対する敷居がどんどんと下がっていき、あまりネガティブなイメージをもたれなくなってきました。

これはとても良い傾向です。

かくいう私も、新卒後3年以内に転職しました。

今ではどういったカテゴリーかはわかりませんが、当時の言葉で言えば第2新卒といったグループです。

結局、なんだかんだで転職は完了したのですが、この転職活動というものは…

実際に始めてみますと…

結構しんどい、きびしい…精神的にとてもツライのです。

こんなにツライものなのかと、転職活動を開始して初めて実感しました。

このサイトでは、そんな自身の転職活動を通じて経験した苦労、コツ、愚痴などを綴っていきます。

ぜひとも、転職活動に疲れたときになんとなく適用に読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

管理人:緑茶が好きな人

社会人になってからいろいろありました。

転職活動はかなり苦戦しましたが…

今は平和な日々を送っています。

あのまま転職せずにいたら今頃はきっと…

Tweets by Tea_Job
人気ページランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動体験記

携帯の料金がバカにならない

精神的に限界がきた日

転職活動を開始すると仕事が楽に

似たような求人票に絶望する

初めての応募、そして書類選考落ち

はじめての面接…だがブラックっぽい?

面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる

理系職種から文系職種へトライ

もう休みの口実が思いつかない

最終面接がいまいち…しかし内定が

再び同日面接を受けることに

勝負に出た同日面接の最中に

心が折れそうな面接にて

面接を捨てるべきか受けるべきか

持ち駒を増やすべきか否か

意外なところから最終面接に

最終面接、天国と地獄を味わう

期待していた最終面接に落ちて途方に暮れる

予想外にやんわりとした最終面接

あっけなく内定、迷いながら承諾

退職が決まってから見える人間模様

最終出勤日の業務

退職手続きを終えて会社を出ると

退職後、帰路にて

退職後はじめての週末

激務から解放されたと実感する

昔の職場に戻された悪夢を見るとき

転職活動体験記の全記事一覧へ

転職活動で感じたこと

転職活動で感じたことの全記事一覧へ

ピックアップ記事
転職活動に疲れたときに見るサイト無敵の人が増える恐怖

最近、無敵の人が徐々に増えています。そんな無敵の人に対して一般人はあまりにも無力です、成す術がありません。これからの世の中はどんどん無敵の人が増えていき、水面下で治安が悪化していくような気がしてなりません…<続き>

転職活動に疲れたときに見るサイト退職が決まってから見える人間模様

転職活動が終わり周りに退職の意向を伝えると、とても濃い人間模様を垣間見ることができました。この時期の相手の反応こそが、その人の本来持っている本当の姿です。良い人が実は冷たかったり、悪い人が実は温かい人だったりと…<続き>

分刻み”監視”はパワハラ?

ネットを徘徊していましたら興味深いニュースを見つけましたので紹介したいと思います。 内容は何やらパワハラに関することなのですが、これがまたやや常軌を逸しているのです。 以下、原文一部抜粋。…<続き>

クルマに轢かれるタイミングで飛びだしてくる老人

街中をクルマで運転していて一番恐い存在、それは老人です。 もちろん、大半の老人は他の世代と大差なく何も問題ありません。 しかし中には、まるで狙ったかのように完璧なタイミングで轢かれに飛び出してくる老人がいます…<続き>

1年経過して昇給2000円

転職活動で見かける求人票には昇給の回数こそ書いてあれど詳細な額面までは書いてありません。私のような状況に陥ってしまいますと、経済的に結構つらくなります。転職には良い面と悪い面がありますが、経済面で見ると私は…<続き>

最終面接、天国と地獄を味わう

予想外の最終面接の案内をもらい、私はとても有頂天になっていました。 気分も晴れやかになり、普段の業務も心なしか気楽になったように思います。 そんな最終面接案内の内容を見てみると、どうやら最終と銘打ってはいるのですが…<続き>

コラム

世の中や日常生活で感じることを綴ったコラムの全記事一覧へ