転職活動に疲れたときに見るサイト


最近の若者はおかしいのか?

入社後すぐに退職してしまう若者が増えている。
最近の若者はこらえ性がなくすぐに辞めてしまう。

ここ数年で、このような愚痴をしばしば聞くようになりました。
昔からこの手の若者は多く存在はしていたそうなのですが、
その比率がここ最近になってとても増えているそうです。
こんなことになると決まって湧いてくるのが、
今の若者は根性がない!
などと精神論を振りかざす年配者たちです。

今の若者は根性がない。
私達のときは、もっと厳しい環境でも耐えたものだ。

私はそういった類の言葉を聞くたびに心底うんざりとします。
社会情勢も事情も異なる昔と今を、
画一的に繋げて考えてしまうこと自体がまずナンセンスなのです。
若者が短期間に離職をしてしまう原因を突き止めるためには、
まずは今の若者の思考を理解しなければいけません。
今の若者の思考で特に顕著な傾向、それは…
働くということに対してあまり夢がありません。
加えて、悲観的且つドライで論理的な思考を持っています。
これは確実です。
意味もなくがむしゃらに働くというのはおそらく理解できないでしょう。
加えて現代の社会では、昔とは比べ物にならないほどの情報を
メディアやネットを通じて得ることができます。
今の若者はそれらの多大な情報を利用することにより、自分の将来や夢に対して
自身の可能性をかなり正確に測ることができるのかもしれません。

私の才能だとおそらくあのレベルが限界だろう

そういった具合にある程度の線引きをしているのでしょう。
自身の限界を感じてしまうことほど、人生の気力を失うことはありません。
今の若者には夢がない。
それは裏を返せば、よりシビアに自分の人生について考えているのかもしれません。
加えて若者が夢を持たない理由に、もうひとつ重要なことがあります。
それは、今の社会は昔に比べて再チャレンジができない世の中であるということです。
リスキーな夢を追い続ければ追い続けるほど、失敗する確率は当然あがります。
仮にそこで失敗してしまっても、それまでの経験を大切にして別の道を模索していく。
そのような世の中だとよいのですが、現実はいささかシビアです。
とにかく失敗が許されません。
例えば学生の就職を例にとりますと…
新卒の就職活動に失敗すると、
その後の就職活動は極端に厳しくなるといった現実があります。
一度道から外れると、過酷な労働条件の世界から抜け出せず、
将来は住所不定になり孤独死する。
極端な思考かもしれませんが今の若者は少なからずこのような恐怖を抱いています。
そもそも「新卒カード」などと呼ばれる言葉が存在する時点で異常なのです。
結局のところ、
多数の情報から与えられるリアルな未来像が若者の挑戦心を蝕んでいるのです
挑戦心を失った若者は保身に走ります。
若者はバカではありません。
それなりに各自が自分の人生についてしっかりと考えています。

いつの世も若者は年配者の映し鏡です

若者が仕事をすぐに辞めてしまう、将来に悲観的になってしまう。
仮にそれが事実であるならば、それはすべての世代の責任です。
決して若者だけの問題ではありませんし、若者だけを責めるのはお門違いです。
古代エジプトの刻まれた「最近の若者は…」と描かれた壁画からもわかるとおり、
このことに関しては人類は全く進化していません。
いい加減、全世代総出の若者いじめをやめるべきでしょう。

あわせて読みたい 関連記事

⇒ 
⇒ 
⇒ 
⇒ 
⇒ 



 サイト製作のきっかけ
 サイト内の記事に関して







 リクナビNEXT
 リクルート社の公開転職サイト
 リクルートエージェント
 リクルート社の転職支援サービス
 マイナビ転職
 スカウト制度のある転職情報サイト
 [en]社会人の転職情報
 スカウト制度のある転職情報サイト
 "IT業界の勘違い"クリニック
 Dr.きたみりゅうじによるSEぶったぎり
          
     







 転職活動は在職中か辞めてからか
 やはり辞めてから活動すると不利なのか?


 
在職中の転職活動
 転職したいが在職中には時間がないというジレンマ

 本当に転職すべきがどうか
 まさに転職は諸刃の剣

 転職活動開始の壁
 転職活動は自助努力でやっていかなければいけない

 転職のリスク
 転職先はブラックボックスだけに

 転職活動は隠密に
 転職活動を他人に話してはいけない

 職場を離れられない人々
 サラリーマンなんて代わりはいくらでもいます

 転職支援業者というもの
 一人で活動するには限界がある?

 転職の目的は何ですか?
 人生に重みをおいていること

 悔いのない転職を果たすために
 転職者は補充要員なのか?

 心の余裕と転職活動
 転職活動には多大なエネルギーが必要

 転職では計画が大事…でも
 計画を立てたいが心のゆとりがない

 職場との決別
 将来自分が居ない職場に未練なし

 この項目をもっと読む



 食生活の大切さを実感する
 
社会人になってから、とにかく太りました

 午後5時30分に思うこと
 会社内での格差も無視できないものです

 転職活動をすると仕事が楽に
 会社に見切りをつけると仕事が楽になります

 似たような求人票に絶望する
 求人票なんて嘘ばっかりでうんざりする

 初めての応募、そして書類選考落ち
 お就職活動と違って選考落ちは辛いです

 はじめての面接…だがブラックっぽい?
 結局は転職者をこきつかおうとしている?

 面接官と口論、イラついて傘を置き忘れる
 面接官は神様じゃない

 理系から文系職種へトライ
 理系というものに疲れました

 もう休みの口実が思いつかない
 休めないから転職するのに休まないと活動できない?

 最終面接がいまいち…しかし内定が
 悪魔のささやきか天使の微笑みか

 再び同日面接を受けることに
 就職活動と違って同日面接がつらい。。。

 勝負に出た同日面接の最中に
 泣きっ面に蜂...心が折れそうなとき

 心が折れそうな面接にて
 妖しげな言動や雰囲気には要注意?

 この項目をもっと読む



 いつの時代も若者はおかしい
 若者はいつの時代もおかしな存在です


 最近の若者はおかしいのか?
 本当はみんなおかしいのではないでしょうか


 仕事と寝るだけの生活
 サラリーマンなんて帰って寝るだけの生活

 ブラック企業という殺人者
 人生をジワジワと奪っていくブラック企業


 仕事が趣味の人々
 仕事人間は他人に価値観を押し付けるな


 ニートと労働環境
 働きたいけれども搾取はされたくない


 ダラダラリーマンの休日
 緊張の糸が切れた休日は...

 学歴社会と現実
 なんだかんだいって学歴による待遇格差は存在している

 サラリーマンは孤独
 サラリーマンと学生時代との交友は別物

 サラリーマンには余裕がない
 サラリーマンの厳しさは子供にはわからない

 フリーター・派遣社員は新時代の生き方
 以前はメディアによる持ち上げが本当にひどかった

 若者には夢がない?
 今の若者は夢を持たない


 就職活動に夢が持てない若者
 就職活動で夢を持つことなどできるのだろうか


 この項目をもっと読む その1
 その2 その3


 
面接なんてつまらない
 綺麗ごとと嘘だらけの面接なんていらない

 応募者だって面接官
 面接官と応募者は対等なのか?

 転職での圧迫面接
 圧迫面接は割り切って臨みましょう

 上から目線の面接官
 面接官は人生の先生ではない

 圧迫面接への対応
 圧迫面接は毅然とした態度で

 圧迫面接は堪える
 それでも堪える圧迫面接

 職場への人情を捨てる
 転職活動を始めるということは戦いの合図

 面接日時の確保
 在職中に平日の面接日時なんて確保できない

 面接での愚痴発言
 面接は単なる面接官との心理戦にすぎない

 つらいから転職する
 つらいから転職するという転職理由はNG?

 転職先の残業時間
 転職先の残業問題は死活問題

 休日面接がある企業
 企業に親切心なんてものがあるわけない

 面接を受けても…
 たいていの企業では内定までに複数の面接がある

 この項目をもっと読む



 
求人票の建前と本音
 求人票とは綺麗ごとのかたまりです

 求人票の信憑性
 求人票の内容と友人の話が違う

 求人票を見るとき
 となりの芝生は青くみえるものなのか?

 職務経歴書なるもの
 職務経歴書ってなに?

 幹部候補生
 幹部という言葉に胡散臭さを感じる

 企業は人手不足
 求人を出すということは人手不足

 不採用通知がきたとき
 就職活動のときよりも精神的な打撃が大きい

 不採用通知はつらい
 不採用がくると転職活動は振り出しに戻ります

 上司に退職を切り出す
 上司に退職を切り出すタイミング
(C)copyright -2018 -サイトポリシー-